知事許可でも全国展開は可能?

知事許可で全国進出

知事許可でも全国展開は可能だが

建設業許可業者は知事許可・大臣許可関係なく、全国で工事を請負うことができます。 しかし請負契約などの契約は営業所の代表者・支店長が行わなければなりません。

さらに工事をする技術者もその営業所の従業員を派遣する必要があります。

例えば、茨城県に主たる事務所があり、茨城県知事許可を取得している業者が大阪での工事を受注することができます。 このとき、工事する技術者は茨城県の事務所の従業員を派遣することになります。

実際のところどうなの?

このように都道府県許可業者でもその都道府県の営業所で請負契約を締結し、技術者を派遣するかたちをとって全国で工事を請負うことは可能です。

しかし単発の工事ならなんとか対応することができるかもしれませんが、このようなかたちで全国展開を目指すのは現実的ではありません。

契約のたびに発注者のもとへ出向かなければなりませんし、技術者の派遣を考えると、時間とお金が余計にかかってしまいますので、狙った地域に重点的に営業所を設けて進出する方法がオススメです。

公共工事が受注しづらい

公共工事を元請として受注するために地元の業者であるかがポイントになります。
都道府県や市町村はその地域の業者に優先して工事を発注することが多いので、その地域の業者と比べて工事を受注できる機会が少ないのが現状です。

公共工事の受注を希望するなら、その地域に営業所を設けて地元業者として受注の機会を増やすことがオススメです。

まとめ

  • 知事許可業者が全国展開も可能だが現実的でない
  • 特に力を入れたい地域に重点的に営業所を設けた方がよい